借地権について

近年では随分と少なくなってきた借地権付き住宅ですが、家探しをしていると、たまに見かけます。
借地権付き住宅とは、どのような住宅なのかご存じでしょうか?

借地とは、字の通り土地を借りることです。
ですから、借地権とは借地の権利のことをいいます。
昔は、地主が大きな力を持っていて、その土地を借りて家を建てたり、店を開いたりする人は、とても不利な条件で土地を借り、肩身の狭い思いをしていました。
その状況から土地を借りる借主を保護するために制定されたのが旧借地借家法です。

旧借地借家法では、地主は不当に借主に立退きを強要することが禁止され、借主が希望すれば、その貸借契約は永遠に更新することができます。
借主がどうしても借主に立ち退いてもらいたい場合は、立ち退き料を支払わなければなりません。
旧借地借家法は、借主を全面的に保護するための法律なのです。

しかし、1992年に新借地借家法が制定されて、契約期間が定めることが義務付けられ、期間が定められていない借地権の場合も30年が契約期間と見なされます。
この場合は、地主・借主のどちらからも自由に解約を申し入れることが可能です。
また、新法では契約が更新されない定期借地権・定期借家権という借地権が新たに設けられました。

新法は旧法に比べて、借主だけではなく、地主の権利も保護する内容になっているものもありますが、借主を保護するということが一番の目的ですので、借主は今の家にずっと住むことが可能ですし、地上権がある場合は、自由に売買をすることもできます。
それでも、土地が自分の物ではないということで、借地権付きの家を買うべきか、辞めるべきか、悩むところだと思いますが、当サイトでは借地権のメリットとデメリットについて説明していますので、それを参考にしてください。



☆特別外部リンク
借地権の更新料についての相談などが無料で出来るサイトです⇒ 借地権 更新料

Copyright © 2014 借地権のメリット・デメリット All Rights Reserved.